作成者別アーカイブ: inoue

いろんな js 備忘メモ

modernizr.js
閲覧者のブラウザがサポートしている機能をチェック、HTMLタグにサポート状況を判別できるクラスを付与、その結果を記録したmodernizrグローバルオブジェクトを生成する。
https://modernizr.com

 
rs-plugin
レスポンシブスライダープラグイン Slider Revolution
https://revolution.themepunch.com/jquery

 
isotope
要素のグリッドレイアウト、ソート、フィルタリング等行う多機能なプラグイン。
https://isotope.metafizzy.co

Facebookの埋め込み機能を使ってみたくて

使ってみる。
という目的のために貼付け。

使い方は色んな人があちこちに書いているし簡単だから省略。

自分が管理人であるFacebookページにページ名でスマホから投稿する

1. ブラウザでログインして、画面左上のボタンをタップ ※アプリは使用しません。

Facebookページにスマホから投稿する1

2. 投稿したいFacebookページをタップ

自分が管理人であるFacebookページにページ名でスマホから投稿する2

3. 「次のユーザーとして利用中」の後に、Facebookページの名前が表示されていればOK(個人名になっていたら、「変更」をタップしてページ名に変更する)。画面中程の「近況アップデート」をタップして投稿。

自分が管理人であるFacebookページにページ名でスマホから投稿する3

以前はこの方法で投稿しても個人名での投稿になってしまったのですが、昨日改めて試してみたら、めでたくページ名で投稿できました。

Facebookは仕様の変更が度々あるので、この方法もいつまで使えるものかは全然分かりませんが、しばらくはこれでいけるのではないかと思います。

ウェブサイトのsidebar《サイドバー》は何のためにあるか?

ウェブサイトの制作において、第二レベル以降ではこのようなレイアウトが広く使われていて、コーラルでもわりと使用頻度の多いレイアウト。

ウェブサイト レイアウト

ウェブサイトの代表的なレイアウトのひとつ。

「サイドバー」は何のためにあるのか?

基本的には、そのとき表示されているページだけでなく、他のページも見てもらえるようにするための場所、さらに欲張ると、ウェブサイト全体を見てもらう、最も見てほしいページへ訪問者を誘導するためのコンテンツを配置する場所と言える。

ただし、そのサイトの種類(例:ECサイト、ブログ等)によって、入れるコンテンツは異なる。例えば、特定の商品・サービスを紹介するサイトであれば、以下のような内容が考えられる。

  • サイト内各ページのコンテンツ概要およびリンク
    グローバルナビゲーションのみでは伝わり難い各ページの内容が、ぱっと見で分かるように掲載すると効果的
  • 最も見てほしいページへのリンク
    印象的なバナーを使用するなどしてクリック率を高め、サイト内回遊を促す
  • 運営する他のサイトや利用しているSNSにとぶバナー、スポンサーの広告等