カテゴリー別アーカイブ: Google

埋め込みGoogleMap の縮尺を変更する方法

まずGoogleMapで埋め込みタグを取得。
1、埋め込みたい地図を表示したら「共有」をクリック。
2、「地図を埋め込む」を表示。
3、埋め込みタグ(HTML)をコピー。
2018年 GoogleMapタグの取得

これで取得するタグは下記のような内容。
この羅列の中で「4f13.1」という表記を変更すると縮尺が変わります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<iframe src=”https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3246.426903155609!2d139.51303491525505!3d35.54315758022669!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!3m3!1m2!1s0x6018f831781a0c4f%3A0x4225c0d743ccd56!2z44CSMjI3LTAwNjIg56We5aWI5bed55yM5qiq5rWc5biC6Z2S6JGJ5Yy66Z2S6JGJ5Y-w77yS5LiB55uu77yW4oiS77yR!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1544070708695″ width=”100%” height=”450″ frameborder=”0″ style=”border:0″ allowfullscreen></iframe>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「13.1」が尺度で、数値が小さいほどズームアップします。
1〜179の間で調節してみてください。

2018年 GoogleMap

デフォルト(「4f13.1」のまま)の表示

2018年 GoogleMap

1(「4f13.1」を「4f1」にする)の表示

2018年 GoogleMap

179(「4f13.1」を「4f179」にする)の表示

※この記事は2018年12月現在の内容です。GoogleMapの仕様変更により利用できなくなる場合もあります。ご了承ください。

WordPress スマートフォンから投稿する方法

iPhoneやAndroidのスマートフォンからWordPressを更新したいというリクエストが増えてきました。
以前はプラグンインとして管理画面をスマトーフォン対応にしていましたが、iPhoneやAndroid専用のアプリを利用する方法が使いやすいのでいいと思います。
特にアプリがいいのは文字の入力をスマートフォン自体の入力ボタン(キーボード)が使用できること、そして画像も入れやすいことです。

iPhoneならApp Storeから「WordPress」で検索
https://itunes.apple.com/jp/app/wordpress/id335703880?mt=8

AndroidならGoogle Playから「WordPress」で検索
https://play.google.com/store/apps/details?id=org.wordpress.android&hl=ja

どちらも無料です。

 

Google翻訳(無料)を設置

Googleから無料で提供されている翻訳機能をホームページに追加する。

Googleへアクセス
http://translate.google.com/manager/website/
右の青いボタン「今すぐウェブサイトに追加」を選択。
ログイン画面に移動するので、Googleアカウントでログインする。
アナリティクスを使用している人はそのIDでログイン、ない人は新規でアカウントを作成。

ログインしたら早速設定開始
今回は当社運営のSEOファクターに設置する「www.seofactor.org
ウェブサイトの言語は「日本語」を設定(セレクトの一番下にありました)したら「次へ」。
googlet-1

今回は「英語」「韓国語」「中国語」そして「日本語」を選択。
「日本語」はなくてもいいのですが、最終使用画面で上にGoogle翻訳バーが表示されますが、もしそれを見れないようにバー右の「×」をしても「日本語」に戻れるようにしたかったので今回は選択。
アナリティクスを使用している人はアナリティクスのプロパティIDを入れる。googlet-2

最後に2つのコードが出来上がりので、1つは「/head」の前と、1つは表示させたい場所のHTML内にコピーペーストする。
以上が終了。

googlet-3

実際には

googlet-4

翻訳されるとGoogle翻訳のバーが上部に表示される。

googlet-5

緯度経度を調べる

Google Mapでマーカーなどいろいろな機能を使いたい場合に場所の緯度経度を簡単に調べる方法

1、住所が分かれば「Geocoding」が便利
geo1
例えば「横浜市青葉区青葉台1-6-21」と入れると
geo2
簡単に緯度経度を表示

 

2、実際のGoogle Mapで緯度経度を調べたい場合はGoogleでログインした状態で、その場所をなるべく大きめに表示する。
google1
知りたい場所にWinなら「マウス右クリック」、Macなら「コントロール+クリック」するとポップアップ案内がでます。その一番下の「この場所について」を選択。
google2
上のGoogleマーク横のボックスに緯度経度が表示されます。
google3

※便利なのが緯度経度が分かるとGoogle Mapの中心を決める時にとっても役立ちます。

Google Map 設置、吹き出し削除、レスポンシブ

Googleの地図をホームページに入れる方法。

Googleサイト地図より住所を入れて検索
「神奈川県横浜市青葉区青葉台1-6-21 a・cube」

「リンク」アイコンをクリックするとウェブサイトへの地図埋め込み用 HTML コードがでるのでその中の「埋め込み地図のカスタマイズとプレビュー」をクリック。


地図の大きさを「大」にしてズームを調整し埋め込むHTMLをコピーして、自分のサイトへHTMLをペーストする。

実際に見ると吹き出しが表示されるので、吹き出しを非表示にする

HTML内の/iframeの最後の前部分に「&amp;iwloc=B」を追加
<iframe width=”640″ height=”480″—————–
————————–;output=embed&amp;iwloc=B“></iframe>

サイトがレスポンシブデザインなら「width」設定を「100%」にする。
<iframe width=”640″ height=”480″—————–

<iframe width=”100%” height=”480″—————–

iPhoneで見ると自動で横幅が調整される。

Google ペンギンアップデート、パンダアップデートとは

Googleが2011年から導入しているアルゴリズム。年に数回行われている。

ペンギンアップデートとは
質の悪い被リンク(外部からのリンク)やSEO会社から購入した被リンクを貼っているサイトの検索結果順位を下げるもの。

パンダアップデートとは
質の悪いコンテンツ(内容)や他のサイトからコンテンツをコピーしてきたサイトの検索結果を上位にこないようにするもの。