作成者別アーカイブ: miyakawa

FTPソフトCyberduckで.cyberducksegmentや502がでたら

Cyberduckで大きいサイズのファイルなどをダウンロードする時に自動的に拡張子「.cyberducksegment」がファイル名の後に入ることがあります。
ダウンロード後も元のファイル形式(ソフト)で開けないので、この形式ではなく通常の形式(元のまま)でダウンロードできるようにする設定です。

環境設定 > 転送 > 一般 タブ内 ダウンロード
Segmented downloads with multiple connectins per file
この四角にチェックが入っていたら外してください。
Segmented downloads with multiple connectins per file

以上で通常通りのファイル形式でダウンロードできます。

参考

FTPのエラー内容
Interoperability failure 502 Command REST not allowed by policy. Please contact your web hosting service provider for assistance.

ダウンロード使用としたファイル名が
「2010project.mp4」でしたが「2010project.mp4.cyberducksegment」

環境
Version:Cyberduck 7.9.2
OS:MacOS 10.15.7

Instagram をAPIなしでホームページに表示させる

2021.6 こちらも表示ができなくなりました。

2020年後半あたりからInstagramの一覧などを特定のホームページに表示させるにはAPI登録が必要になりました。
ただ、API取得にはFacebookとの連携だったりトークンの期限を無期限にしたりと手間がかかります。

そこで、APIなしで表示できるJavaScriptがあります。
InstagramFeed」無料
https://www.sowecms.com/demos/InstagramFeed/

Bootstrap4で改行brをスクリーンサイズで表示非表示

全て表示(初期値)    br class=”d-block”
XSサイズのみ表示    br class=”d-block d-sm-none”
SMサイズのみ表示    br class=”d-none d-sm-block d-md-none”
MDサイズのみ表示    br class=”d-none d-md-block d-lg-none”
LGサイズのみ表示    br class=”d-none d-lg-block d-xl-none”
XLサイズのみ表示    br class=”d-none d-xl-block”

全てのサイズで非表示    br class=”d-none”
XSサイズのみ非表示    br class=”d-none d-sm-block”
SMサイズのみ非表示    br class=”d-sm-none d-md-block”
MDサイズのみ非表示    br class=”d-md-none d-lg-block”
LGサイズのみ非表示    br class=”d-lg-none d-xl-block”
XLサイズのみ非表示    br class=”d-xl-none”

WordPressでFont Awesome使用

専用のプラグインがあります。

font

現在はバージョン5が使用可能です。
あとはFont Awesomeのサイトからアイコンを選びソースをコピーして入れるだけです。
アイコンサイズは「5x」とか入れる
通常 <i class=”fas fa-arrow-right”></i>
5倍 <i class=”fas fa-arrow-right fa-5x“></i>

3

設定はこんな感じ

font22