FTPソフトCyberduckで.cyberducksegmentや502がでたら

Cyberduckで大きいサイズのファイルなどをダウンロードする時に自動的に拡張子「.cyberducksegment」がファイル名の後に入ることがあります。
ダウンロード後も元のファイル形式(ソフト)で開けないので、この形式ではなく通常の形式(元のまま)でダウンロードできるようにする設定です。

環境設定 > 転送 > 一般 タブ内 ダウンロード
Segmented downloads with multiple connectins per file
この四角にチェックが入っていたら外してください。
Segmented downloads with multiple connectins per file

以上で通常通りのファイル形式でダウンロードできます。

参考

FTPのエラー内容
Interoperability failure 502 Command REST not allowed by policy. Please contact your web hosting service provider for assistance.

ダウンロード使用としたファイル名が
「2010project.mp4」でしたが「2010project.mp4.cyberducksegment」

環境
Version:Cyberduck 7.9.2
OS:MacOS 10.15.7

Instagram をAPIなしでホームページに表示させる

2021.6 こちらも表示ができなくなりました。

2020年後半あたりからInstagramの一覧などを特定のホームページに表示させるにはAPI登録が必要になりました。
ただ、API取得にはFacebookとの連携だったりトークンの期限を無期限にしたりと手間がかかります。

そこで、APIなしで表示できるJavaScriptがあります。
InstagramFeed」無料
https://www.sowecms.com/demos/InstagramFeed/

font-familyの指定(2021年版)

ゴシック体セット

body {
font-family: "Helvetica Neue", Arial, "Hiragino Kaku Gothic ProN", Meiryo, sans-serif;
}

“Helvetica Neue” -MacOS、iOS用欧文書体
Arial -Windows用欧文書体
“Hiragino Kaku Gothic ProN”, -MacOS、iOS用和文書体
Meiryo -Windows用和文書体
sans-serif -Android用書体

明朝体セット

body {
font-family: "Times New Roman", "YuMincho", "Hiragino Mincho ProN", "Yu Mincho", "MS PMincho", serif;
}

ブラウザ上で操作できる画像編集ツール

オンライン イメージエディタ
https://www.peko-step.com/tool/imageeditor.html

ブラウザ上で動作する無料の画像編集ツール。
インストール作業をすることなく、PCやスマートフォンで手軽に画像を加工することができます。

使用例:モザイクをかける場合
編集したい画像ファイルをドラッグ&ドロップ。

画像ファイルドロップ前

画像ファイルドロップ後

モザイクのアイコンをクリック。

アイコンをクリック

モザイクをかけたい範囲をドラッグして指定。

編集したい範囲をドラッグして指定する

「モザイクをかける」ボタンをクリック。

「モザイクをかける」ボタンをクリック

モザイクがかかる

編集が完了したら、「ファイル」→「保存」をクリック。編集後のファイルがダウンロードされます。

「ファイル」→「保存」をクリックし、編集後のファイルをダウンロード

WordPress引越し時、仮ドメインで表示/ログインしたい場合の方法

サーバ移行などで新旧サーバにWordPressを入れた場合、仮ドメインでのサイト表示やログインが必要になります。その際、手っ取り早く表示させる方法としてwp-config.phpに記述を足すものがあります。

define('WP_HOME','https://www.domain.jp');
define('WP_SITEURL','https://www.domain.jp');

※「https://www.domain.jp」部分は必要な記述に変更する。

この記述をwp-config.phpの「/* 編集が必要なのはここまでです ! WordPress でブログをお楽しみください。 */」前に入れます。探すのが面倒であれば、最初の「<?php」次行で良いと思います。

タグを追加した状態