htaccessでサイトの接続制限

基本の接続は全て許可
中国とロシアからのアクセスを拒否
order allow,deny
allow from all
deny from .cn
deny from .ru

逆に基本の接続は全て拒否
日本とアメリカからのアクセスのみを許可
order deny,allow
deny from all
allow from .jp
allow from .us

Mailで受信サーバ欄が変更できない

Mac OSをバージョンアップすると、Mailの受信用メールサーバ欄が変更できなくなるケースがあります。
Mailで受信用メールサーバ欄が入力できない
その場合【詳細】タブを開き、「アカウント設定を自動的に検出して管理」のチェックを外して保存(環境設定を閉じる)します。
チェックを外します
再度開くと、受信用メールサーバ欄が入力可能になっています。

入力可能になりました

El Capitanのライブ変換をOFFにする

OS X El Capitanの新機能「ライブ変換」が どうにも使いにくい!という人へ。
簡単にOFFできます。

 日本語入力プログラム

上部メニューバーのステータスメニュー

ステータスメニューの日本語入力プログラムにある「ライブ変換」のチェックを外すだけ。
意外と気付かない設定のようなので、メモ代わりにエントリーしておきます。

ちなみに【システム環境設定 > キーボード > 入力ソース】でも、同様に設定変更可能です。

WordPress サイト全体をパスワード制限

サイト全体にパスワード制限をかけるプラグイン
Password Protected

1

Password Protected Status □ Enabled にチェックを入れるとONです
あとは好きなパスワードを New Password に入れれば完了

パスワードログイン画面
2

こんな時に便利
・正式公開前の段階
・社員だけでみたい
・制作中の段階

CotEditor マック用テキストエディター

222

MacOS X用のテキストエディターです。これはコード(HTML、PHP、JavaScript等)を書くのにとても使いやすいエディターです。
OS-X10.3から対応されています。見た目の色合いがとてもシンプルで見やすいです。
コードを書いたり調査する場合は見やすいというポイントはとても重要です。エラー入力を無くすのに貢献してくれます。

https://coteditor.com/

上のメニューでアーカイブから、通常(AppStoreを使用しない)のダウンロードが可能です。

22
2

WordPress copyrightを変更しリンクさせる

WordPressのフッター部分のCopyrightはサイト名とWordPress名がリンクされています。
それを自分の会社とか別の名前に変更してリンクさせる簡単な方法。

footer.phpの下記部分を変更するだけです。

ここを削除
<div class=”site-info”>
<?php
/**
* Fires before the twentysixteen footer text for footer customization.
*
* @since Twenty Sixteen 1.0
*/
do_action( ‘twentysixteen_credits’ );
?>
<span class=”site-title”><a href=”<?php echo esc_url( home_url( ‘/’ ) ); ?>” rel=”home”><?php bloginfo( ‘name’ ); ?></a></span>
<a href=”<?php echo esc_url( __( ‘https://wordpress.org/’, ‘twentysixteen’ ) ); ?>”><?php printf( __( ‘Proudly powered by %s’, ‘twentysixteen’ ), ‘WordPress’ ); ?></a>
</div><!– .site-info –>
copy1

これを入れる
<div class=”site-info”>
<?php
Copyright &copy;  <a href=”http://www.coral.co.jp/” target=”_blank”>CORAL</a> ALL Rights Reserved.
</div><!– .site-info –>

copy2

検証:WordPress 4.4.1 (Twenty Sixteen テーマ)