WordPressでFont Awesome使用

専用のプラグインがあります。

font

現在はバージョン5が使用可能です。
あとはFont Awesomeのサイトからアイコンを選びソースをコピーして入れるだけです。
アイコンサイズは「5x」とか入れる
通常 <i class=”fas fa-arrow-right”></i>
5倍 <i class=”fas fa-arrow-right fa-5x“></i>

3

設定はこんな感じ

font22

サイトのマルウェア感染等がチェックできる無料サービス

セキュリティ企業Sucuriが運営している無料マルウェアチェックサイト

https://sitecheck.sucuri.net/

sucu

URLを入力すると
・マルウェアが潜んでないか
・使用しているアプリーションのバージョンチェック
・ブラックリストに載っていなか
などが簡易的にチェックできる。

画像イメージのサイズダウン(ImageOptim)

マック用の画像イメージのサイズダウンを行うソフト
ImageOptim(イメージオプティム)
圧縮設定は最初の画面下のアイコンで

1

非可逆圧縮を有効にするにチェック。
圧縮率を設定する(初期状態は80%)

2


 

サンプル jpeg 画像
人とバスを注意して見て

943KB  元

1000700_h1

177KB  80%品質(問題なく使用可能)

1000700_h2

93KB  40%品質(荒さが判断でき全体的に暗くなる)
実際の容量より1/10になったことを考えると素晴らしい。

1000700_h3


 

サンプル png 画像
右の白いっぽい葉を注意して見て

1500KB  元

1000700_f1

266KB  80%品質(問題なく使用可能)

1000700_f2

180KB  40%(荒さが判断できる)
同じ系統の色なので比較的使える

1000700_f3

マックバージョン:MacOS10.14.3

php.iniのアップロードサイズ変更 -さくらインターネット

WordPressで画像やテンプレートをアップロードする時、デフォルトは2MBなので10MBに変更する。

さくらインターネットのサーバコントロール画面
「PHP言語に関する設定」より
post_max_size = 10M
upload_max_filesize = 10M
を入れて保存する
php1

WordPressで何MBまでアップロード可能かを知るには、「メディア」の「新規追加」を見ればわかる

php2

WordPressサイトのSSL対応がうまくいかないとき

WordPressで作ったサイトをSSL対応にする際、【設定 > 一般】の「WordPressアドレス(URL)」と「サイトアドレス(URL)」でURL変更をすると「ページの自動転送設定が正しくありません」の表示が出て、管理画面にアクセスできなくなる場合があります。

WordPress 設定 > 一般 ページ

URLをSSL対応のものにする

ページの自動転送設定が正しくありません

エラーページになったら、管理画面もフロント画面もアクセスできず…

その際は、wp-config.php の最後の行に以下を追加します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
$_SERVER[‘HTTPS’] = ‘on’;
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
強制的に「https://〜」で表示されるようになるため、フロントページはSSL対応表示ができるようになります。

しかし、管理画面に入ろうとすると「このページにアクセスする権限がありません」が表示されて入れなかった場合は、記述位置を変更する必要があります。

このページにアクセスする権限がありません

表示できた!と思ったら管理画面に入れない…

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
require_once(ABSPATH . ‘wp-settings.php’);
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
この記述より上の位置に入れ直してください。
これで管理画面もフロント画面もSSLでアクセスできるようになります。